メイクが上手くなりたい!メイクって何から始めればいいの?って人必見!!

こんにちは!うなのです。

今回はメイクアップアーティストを目指していた私が初心者さんでも分かりやすいようにメイクの基本をまとめました。ぜひこの記事を読んでメイクデビューやワンランク上のメイクを楽しんでくださいね!

スキンケア

なんでスキンケア?メイクと関係ないじゃん。と思われるかもしれませんが、スキンケアはメイクの土台となる大事なことですので正しいスキンケアの方法を知って質のいいメイクの土台を作って欲しいので基礎美容から紹介します。もうやってるし知ってるよ!って人も軽く目を通してくれると嬉しいです!

洗顔

洗顔には毛穴に詰まった角質や皮脂を取り除く役割があり、

  • ニキビ予防
  • 毛穴の黒ずみを除去
  • 肌の透明感アップ

などの効果が期待できます。

洗顔は間違った使い方をすると肌を返って痛める可能性があるので必ず使用方法を読んでその通りに使用してくださいね!

個人的にはDUOのクレンジングバームの黒がおすすめです。普通の洗顔だと洗顔後は肌が乾燥しますが、これだと洗顔前よりもっちりしてない?ってぐらい洗顔後の乾燥が気にならないです。また、炭の力で毛穴の黒ずみをしっかり落としてくれるんです。口コミも良く、YouTubeなどでもおすすめとしてよく紹介されている商品なので気になった人は買ってみてください♪

【楽天市場】5月限定\P10倍!エントリーで必ずGET/DUO ザ クレンジングバーム / クリア / バーム / バリア / ホワイト 90g メイク落とし 角質ケア W洗顔不要 送料無料 あす楽 正規品:GRAN BEAUTY WORLD楽天市場店
メーカー:プレミアアンチエイジ。5月限定\P10倍!エントリーで必ずGET/DUO ザ クレンジングバーム / クリア / バーム / バリア / ホワイト 90g メイク落とし 角質ケア W洗顔不要 送料無料 あす楽 正規品

化粧水

化粧水の主な役割は

  • 肌の水分を補う
  • 肌を滑らかに整える
  • 美容成分を整える

などがあります。洗顔直後の肌は油分や保湿成分が流されてしまい不安定な状態です。洗顔後、化粧水を使用しないと皮脂が過剰分泌されてしまい、毛穴のつまり、ニキビの原因になるので化粧水で水分を補ってあげることが大切です。お風呂から上がった後の化粧水はスピード勝負です。早ければ早いほど効果があります。

乳液・クリーム

乳液とクリームには油分で肌の水分の蒸発を防ぐ保湿の役割があります。せっかく化粧水をしても乳液やクリームをしないと化粧水が蒸発してしまいほとんど意味がなくなってしまうため、洗顔、化粧水、保湿はセットで行うようにしましょう!乳液とクリームの役割は同じですが乳液の方が水分量が多く、クリームの方が油分が多いです。乳液はさっぱり、クリームはしっとりってイメージです!クリームの方が保湿力には長けているため乾燥肌の人や乾燥しやすい冬や夜に使用するのがおすすめです。

化粧水と乳液のおすすめははとむぎと極潤です。はとむぎは水っぽいテクスチャーでさっぱりした使用感、極潤はローションに近く少しぬめり気があり保湿に優れています。どちらもコスパに優れいる有名な商品で薬局ならどこでも売っていると思います。効果も元エステシャンの友人が勧めているぐらい優秀です。

フェイスパック

フェイスパックはシートにたっぷりと美容、保湿成分が配合されており、肌に密着するので効率的に潤いを皮膚に補給することができます。フェイスパックは数分時間がかかるのでめんどくさいと感じる人もいるとは思いますが、継続して頑張りましょう!実際私は肌が荒れやすい上、思春期だったこともありニキビが多くできてすごく汚い顔に悩んでいましたがフェイスパックを使用すると3ヶ月後にはニキビが1つもない綺麗な肌になりました。

私のおすすめはエステシャンの友人に勧められたCICAのフェイスパックです。通販だと半額で売っていたりポイント還元率が高いことがありますので市販より安く購入できます。ただ購入期間が限られるので私は安い時に買いだめしてます。(笑)30枚入が600円程でコスパも◎です。

【楽天市場】【ポイント20倍 1000円 5と0のつく日】CICA シカ シートマスク MOIST FACE MASK モイストフェイスマスク 30枚入り Make.iN パック フェイスマスク 日本製 美容成分 保湿 自宅エステ 潤いスキンケア 福袋【PB】:美容の雑貨屋さん 楽天市場店
Make iN. 公式ショップ 韓国コスメ 肌の鎮静 美肌 ニキビ 毛穴レス すっぴん美人。【ポイント20倍 1000円 5と0のつく日】CICA シカ シートマスク MOIST FACE MASK モイストフェイスマスク 30枚入り Make.iN パック フェイスマスク 日本製 美容成分 保湿 自宅エステ 潤いスキ...

美顔

美顔器には

  • 古い角質のピーリング
  • 美容成分の浸透(マイナスイオン)
  • メイク汚れなどを落とす(プラスイオン)
  • 肌を健康に保つ(EMS)

などの効果があります。時間はかかりますがする前と後では全然肌の触り心地が違います。安いものだと機能は限られますが1000円ぐらいから売っていますのでぜひ買ってみてくださいね♪

ヘアケア

髪がサラサラだと気分も上がりますし周囲からの印象もよくなります。

1.コンディショナー

皆さんはコンディショナーをする時どういう風に洗っていますか?ほとんどの人が正しい洗い方を知らないと思いますので記載しておきます!

  1. シャンブーの後軽くしぼって水気を取る
  2. 最もダメージを受けやすい毛先から付け、髪にのみ付ける
  3. 数分間髪に浸透するのを待ってから軽くすすぐ

オーガニックコンディショナーは大丈夫ですが、シリコン入りのコンディショナーを使用する場合はコンディショナーを頭皮に付けてしまうとコンディショナーが毛穴に詰まりフケや痒みの原因になるので注意が必要です。また通販では業務用のコンディショナーを買うことができ、ケラチンという成分が配合されているコンディショナーはダメージ補習の効果、保湿効果に長けておりうるおいのあるサラサラの髪に導いてくれるのでおすすめです!

2.超音波浸透アイロン

超音波を当て髪にコンディショナなどの有効成分を浸透させることができるアイロンがあります。コンディショナーは変えていないのに使うだけで自分の髪じゃないと思うほど違いがあります。ただ製品が数万〜と少し高めとなっています。美容意識の高い人は買う価値ありです!

3.タオルドライ

お風呂に入ると髪のキューテクルが開き痛みやすい状態になります。なので優しく抑えて水気を取るようにしましょう。ガシガシとタオルでこするのはNGです!

4.ヘアミルク・ヘアオイル

ドライヤーをする前に髪の毛先に付けるとドライヤーによるダメージを抑えてくれます。自分の好きな匂いや自分の髪の悩みにあったものを選びましょう。

5.ドライヤー

ドライヤーの熱で髪が痛まないように髪から30cmほど距離を空けて乾かすようにしましょう。手にドライヤーの風を当てながら乾かすと熱すぎないか分かります。癖毛がある人は特に根元から乾かすようにすると癖が弱くなりやすいです!熱風で8〜9割乾かした後は冷風で乾かします。冷風で乾かすと濡れているかどうかが分かりやすくなるため乾かしすぎるのを防ぐことができます。また髪のキューテクルが閉まってまとまりのある髪に仕上がります。

メイク

お待たせいたしました。やっと本番のメイクについてです。まずは下地から!

ベースメイク

ベースメイクには肌を整える役割があります。ベースメイクが濃いと化粧崩れの原因になったり、のっぺりとした印象や濃い化粧と見られる原因になるのでベースメイクをなるべく薄く済ますことができるように普段からスキンケアを頑張りましましょう!

1.下地

下地は皮脂の分泌を防止する効果があるため、皮脂が分泌されやすいおでこや鼻を重点的に塗ります。またカラーコントロールの効果もあるため上図のように塗ると顔にメリハリが出ます。顔全体に同じ濃さで塗ってしまうとのっぺりとした印象になりがちなのであまりおすすめしません。

2.ファンデーション

ファンデーションも下地と重点的に塗る位置はほとんど変わりませんが、ファンデーションは毛穴カバーや色ムラ補正の効果があるので毛穴が気になりやすい頬や鼻を重点的に塗ります。塗り方は顔の中央から外側に向けて一方通行で塗るのが基本です。色んな方向で塗ってしまうと粉吹きの原因に繋がります。個人的に手で塗るよりもスポンジの方が簡単にムラなく塗れるのでおすすめです。100均にも使いやすいスポンジが売られているのでチェックしてみてくださいね!

3.コンシーラー

コンシーラーはくまやシミなど隠したい自分の肌や顔で気になる部分に使用します。ほうれい線が気になる人はほうれい線が始まる小鼻から1cmほどコンシーラーを入れると目立ちにくくなります。

それぞれ色に特徴があり得意なものが違いますので部位や悩みに応じて色を変えるとより効果が期待できます。


4.パウダー

パウダーはファンデーションなどでベタついている肌をサラサラにしてくれます。基本額や鼻、顎を重点的にします。コロナ禍でまだまだマスクを付ける人が多いと思いますがマスクを付ける場合は頬をしっかりめにするとマスクにファンデーションが付きにくくなります。

眉毛

眉毛の黄金比がこんな感じです。小鼻の上に眉頭、小鼻から目尻の延長線に眉尻、眉頭から眉尻までを3等分して考えて眉山の位置は1:2になるようにしましょう。また眉毛の位置や長さでそれぞれ印象が変わります。小顔効果が欲しい場合(特に面長さん)は長め、可愛らしい印象を与えたい場合は低め、大人っぽい印象にしたい場合は少し高めの眉毛を書きます。眉毛は剃って形を整えたり眉バサミで長さを整えたりと普段からお手入れが必要です。

1.アイブロウ

アイブロウは3色入っているものが多いですが眉頭は薄く明るい色、眉尻は濃い暗めの色になるようにグラデーションにして書くのが基本です。

  1. 真ん中の色を取り眉中から目尻を書く
  2. 1番濃い色を取り目尻に色を上乗せする
  3. 1番明るい色で眉頭をぼかす

最後に眉頭をしっかりとぼかすことで垢抜けた印象になります。

2.アイブロウペンシル

アイブロウペンシルは眉毛を埋める、延長するのに使います。垂直に力を入れて書くと力強い眉、ペンシルの端部分を持ち色鉛筆で薄く塗る様に書くとふんわりしたナチュラルな眉に仕上がります。

3.眉マスカラ

毛を立たせるように塗っていきましょう。初心者さんは余分な液を落とさないとベチャっと付いて大変なことになるので気を付けてくださいね!


アイメイク

1.カラコン

カラコンを入れる時保存液でせっかくしたベースメイクやアイメイクが崩れてしまうのでメイクで1番最初に入れるようにしましょう。

2.アイシャドウ

アイシャドウの入れ方として二重の人は二重幅、奥二重や一重の人は低めに入れます。複数の色を使う場合はまつ毛のラインに近づくほど、目尻に近づくほど色が濃くなるようにグラデーションを作りましょう。また瞳の上の色を濃くすると瞳が大きく見える効果があります。はっきりと色が見えないといけない必要はなく、あくまでも少しでも目を大きく見せる、少しでも印象を良くすることが大事なので濃くする必要はありません。濃すぎると不自然になってしまうので初心者さんほど薄目に塗るのをおすすめします。

またアイシャドウの色によって印象の与え方が違ってきます。

  • 桃→あざとい、かわいい
  • 橙→活発的
  • 赤→情熱的
  • 茶→社交的
  • 紫、黒→個性的

よく使われる色はこんな感じです。その日のシュチュエーションや気分、服の色に合わせて色を考えて選ぶと楽しいです。あとは季節に合わせて色を選ぶのもおすすめです。

  • 春→桃、緑
  • 夏→黄
  • 秋→赤、橙、茶
  • 冬→紫

季節の色を入れるとトレンド感がアップします!冬の紫は難しいですがアイラインなどのワンポイントで入れると一気にハードルが低くなります。

またブラウン系の肌よりワントーン低い色や、後ほど紹介するシェーディングを使って涙袋の影を書き、白色やワントーン明るい肌色をハイライトとして書くとぷっくりとした涙袋を作ることができます。

3.アイライン

アイラインを引くとまつ毛を多く見せたり目を大きく見せたりすることができます。また、目尻に引くラインの角度を変えることで垂れ目やつり目など目の印象を変えることができます。よくありがちなのが、アイラインが浮いてしまうことです。アイラインが浮かないようにするために同じような色のアイシャドウを境目に入れてぼかし、目尻にとどまらず目頭までラインをいれると自然に浮かずに見えます。

まつ毛

1.ビューラー

まつ毛を上げるための必須アイテムです!ビューラーのカールが自分の目と合わない場合がありますのでテスターがある場合は自分の目のカールと合うか、まつ毛がちゃんと上がるか確認しましょう。ビューラーは初めは難しいと思いますが、YouTubeなどで動画を見ながらするとコツを掴んでくると思います!慣れると簡単などで頑張ってくださいね!

2.ホットビューラー

熱でまつ毛を上げてくれるホットビューラーを使うという方法もあります。ビューラーよりも痛みやすいので先にまつ毛美容液を付けて痛みから守ってあげましょう。ホットビューラーは痛みやすいというデメリットがありますが、キープ力が高いというメリットがあります。ビューラーは朝上げてもだいたい夕方には下がってくるので何回か上げ直す必要がありますがホットビューラーは持ちがよく上げ直さなくても1日中カールをキープしてくれます。100均にも売っているので買ってみてくださいね!

3.マスカラ

マスカラは色を変えたりカールのキープ力をアップさせてくれます。一般的に色は黒か茶が多いです。個人的に茶色の方が垢抜け感が出ておすすめです!カールマスカラといったカールキープ力に長けているマスカラもありますのでぜひチェック

4.まつ毛パーマ

専用の美容院でまつ毛パーマを受けることができます。こちらも痛みやすいというデメリットがありますが1回施術すると1ヶ月間はビューラーをしなくてもまつ毛が上がっている状態をキープできます。毎日のメイクする手間を省けますし途中で上げ直したり下がってないか心配をしなくてもよくなります。1回の施術は3000円程です。まつ毛がよく下がる、まつ毛が下がってないか心配になる人は特におすすめです。

5.まつエク

まつエクは簡単に言うとまつ毛の植毛です。人工的にまつ毛を増やしフサフサにすることができます。こちらもまつ毛を痛めやすいです。まつ毛は髪と同じで抜けますので持ちは1ヶ月程です。1回の施術は7000円前後で、費用もそれなりにしますが可愛いフサフサのまつ毛を手に入れることができるので検討してみてくださいね🎶

チーク

チークで頬に色を入れることで中顔面短縮の効果があります。チークも入れる場所がだいたい決まっているので上図の補助線を意識して入れましょう。あまり濃く入れず、入れてるか入れてないか分からないぐらいのほんのり色づくぐらいがベストです。

ハイライト

高く見せたい部分に入れます。入れ方によって面長さんや丸顔さんを理想の卵形に近づけて見せてくれる効果があるので上図を参考にしてハイライトを入れてみてください!

シェーディング

削りたい部分や低く見せたい部分に入れます。それぞれ顔の形によって入れる場所が変わってくるので自分の顔の形に合わせてシェーディングを入れるとより効果的です。エラに入れる場合はブラシを使ってぐるぐる円を描くようにして入れると境目がぼけて自然になります。

また鼻筋を引き立たせるノーズシャドウもあります。こちらは特に鼻のつけねに入れると男っぽい顔に見えてしまうので注意が必要です。鼻筋や鼻が大きいのが気になる人意外は入れなくても大丈夫だと思います!もし入れる場合は眉頭から鼻、小鼻周りに入れるようにしましょう。

リップ

唇の血色感を上げることができます。

‹head›<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-8275803012180177"
     crossorigin="anonymous"></script>‹/head›

コメント

タイトルとURLをコピーしました